板話§四月大歌舞伎昼の部~伽羅先代萩~

『伽羅先代萩』を通して観るのは疲れる。

4回目ともなると内容もほぼ把握しているから、今度は役者の演技が
どうなのかとかを受け留めようと試みるわけで、そうすると気楽に観
ようという心づもりがどこかに行ってしまって思わず舞台に集中する
羽目になってしまう。

おまけに『花水橋』以外は、どの幕もけっこうな緊張感に満ちた重い
舞台なので、思わずのめり込んでしまうようなのである。このところ
歌舞伎座に行く時は、新宿駅地下のおにぎり専門店で2個買って昼食
という流れだが、日曜日はそんな芝居の重さのゆえか座っての観劇だ
ったのに夕方早々にはすっかり空腹になってしまった。

玉三郎の政岡。ねっとりとした台詞回しが、何かを思いつめたような
……若君を守り通すという強い意志……立ち居振る舞いが、舞台から
ひしひしと伝わってきた。かたや攻める側である仁左衛門の八汐だが
意識してかほんの少しばかりコミカルな軽さを含んでの演技で、この
日の客席から軽い笑いが聞こえてきた。もちろんツボはしっかり押さ
えたうえでのこと。鶴千代と千松、二人の子役も健気に務めていて、
ご婦人がたにハンカチを使わせることしばし。

“まま炊き”を見るのも何だか久々――菊五郎とかは省略していたし
――だったが、ずいぶんと長い場面だったのだと思い知ったのだ。

床下~対決~刃傷・・・メリハリの利いた三津五郎の男之助の視線の
先、七三のスッポンから登場した吉右衛門の凄味は、久々に背筋がゾ
クゾクする類のもの。それにしても……リアルな時代物だとばかり思
っていると、仁木弾正が妖術を使えちゃったりして……。仁左衛門の
勝元は、八汐の時とは打って変わっての“気持ちのいい役”を楽しん
でいたかのように、口跡よくしかもくどくなく・・・だから後味はさ
っぱりとしてはいたのだが、疲れちゃったのである。

それにしても刺されての大怪我で痛がっている外記を無理矢理に踊ら
せるのって・・・。

ともあれ、政岡がいかに大役であるのかということを思い知らされた
一日である。

新話§大反対!歌舞伎座建て替え計画【案】

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック