ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 膝話§二人旅一回目[19]駆け足ザルツブルク

<<   作成日時 : 2009/04/03 07:57   >>

トラックバック 0 / コメント 2

[承前]

ウィーンを出てザルツブルクに着いたのは17時。駅前からトロリーバ
スに乗って旧市街に向かう。2泊するホテルはモーツァルトの生家に
ほど近いのだが宿泊料金はそれほどでもないエコノミーな宿。すぐ近
くには旧市街で一番のホテルがあったりもするが、そういうのが近接
しているというところがおもしろい。

ホテルの中もなかなかにクラシックというか古びているというか、と
にかくそういう歴史的な一角のホテルらしい風情と言えないこともな
かったりするが……。というわけでザルツブルク観光は翌日となった
のである。

2日目の午前中は、お約束のモーツァルト生家探訪と、ホーエンザル
ツブルク城に登った。城の麓から出ているケーブルカーに乗って、あ
っという間に到着。寒い曇り空にたまらず、ざっと一回りしてさっさ
と地上に戻ってきた。

昼食は中華料理屋に行ったが、何だか久しぶりにご飯を食べたような
気がして新鮮な気分になったのだ。こういうのはちょっとうれしい。

それで少し元気になったようで、午後は郊外のザルツカンマーグート
までガイドツアーのバスで出かけようと案内所に行ったら“カンマー
グートツアーは人数が少ないので成立しない。代わりにサウンド・オ
ブ・ミュージック・ツアーはどうだ”と言われた。カンマーグートま
で足を伸ばしてくれると言うので“まっいーか”と申し込んだ。

そうしたらバスの中はアメリカ人ばかり。もちろんツアーの最初は、
市内で撮影されたロケ場所巡りに始まる。……冒頭の空撮にあった池
の中の邸宅だとか、長女とボーイフレンドが歌い踊った東屋であると
か。一通りを回ってザルツカンマーグートへ。

ザンクト・ギルゲンに向かう途中の峠道の一軒の家に“鯉幟”が翻っ
ていることに気がついて驚いた……日本人が住んでいるのだろうか。

大雑把にバスで湖水地帯を回って、マリアとトラップ大佐の結婚式を
撮影した“モントゼー”の教会の商店街でティータイムの休憩をした
くらい。それでまあおしまいであるが、ザルツブツクに戻る時に、ガ
イド嬢が“それでは皆さんもよーくご存知の歌を”と、車内の全員で
『エーデルワイス』を歌わされたのだった by English。

ザルツに戻っての夕食は、旧市街一のホテルのレストランで食べた。
白ワインも多めに呑み、料理もまあまあだった。それよりも食事代が
それほどでもなかったことに驚いたのである。

明日はミュンヘンへ……やっぱり忙しない旅行であったことよのぅ。
                            [続く]

《海外旅行のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
HIDAMARI さんが バスの中で『エーデルワイス』を歌っているのを想像したらプッと吹き出してしまいました。
(他意はありません)(^_^)
【篠の風】
URL
2009/04/03 18:23
道中、バスの車内でずうっと『サウンド・
オブ・ミュージック』のサウンドトラック
が流れていたので、ちょっと嫌な予感があ
ったりもしていましたw
HIDAMARI
2009/04/04 10:22

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
膝話§二人旅一回目[19]駆け足ザルツブルク ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる