酔話§酒呑み事始め[Ⅲ]初期の失敗

[承前]

酒を覚えていく中で、犯した自業自得をいくつか思い出してみた。

【コークハイ】これがやたらと呑み口がよくて、初心者にしてみれば
アルコールをあまり感じずに呑めてしまう……というのが仇になって
思い切り悪酔いをしたことがある。本当に右から左にスイスイとグラ
スを空けて、気がつけばベロンベロンということがあった。

この一件ですっかりコークハイに懲りてしまい、それ以降一度も口に
していない。この時の教訓は“甘い酒には御用心”というものである
が、その後は甘い酒をメインに呑むということ自体をしなくなったの
で、別に困ることもなかったのである。

【紹興酒】長じてからはそんなことはなくなったが、初めて呑んだ頃
はあまりいい酔い心地を感じなかった。むしろ悪酔いをしていたとい
う記憶である。コークハイほど性質は悪くなかったが、呑み始めて数
年ほどは相性が悪くて敬遠気味だった。

それが慣れたのかどうなのか、ある日平気になっていた。今は好きな
酒の類であるのだが、一応コントロールする自覚はあって無茶呑みは
しない。せいぜい二合とちょっとくらいなものである。呑み方は常温
がもっぱらで、中華屋で注文するとザラメとか氷砂糖がついてきたり
する。かつて質が悪い酒をごまかす方便としてという説が有力だが、
謙遜で“我が家の紹興酒は大したことがないので、砂糖でも入れて”
という作法があり、それで“そうですか”と真に受けて本当に砂糖を
入れるのは“失礼”なのである。

うーむ、あまり失敗談にはなっていないなあ。
                            [続く]

《日本酒のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック