悼話§忌野清志郎さん(RCサクセション)

忌野清志郎が率いるRCサクセションを最初に聴いたのは高校生の頃。
とんがった音楽には、フォークソングというよりもブルースのような
香りがした。

古井戸(後に忌野と合流する仲井戸麗市がいた)の『さなえちゃん』あ
たりとRCサクセションの『ぼくの好きな先生』は、どこか拗ねている
ような歌い口が気に入っていて、フォークギターを抱えていた頃のレ
パートリーとしてよく歌っていたのである。

ほぼ似たような世代の訃報を聞くことが増えてきて、同時に心痛む回
数もまた増えてきている……。

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

2009年05月04日 07:35
TBありがとうございます。

>ほぼ似たような世代の訃報を聞くことが増えてきて

ほんとですね。
僕は清志郎より少し下の世代ですが、それでも身近に感じる訃報が増えてきました。
つらいですね。
2009年05月04日 11:23
テレビで流れてくる“懐メロ番組”が、僕
達が歌っていたGSからフォークソングに
移行してきています。既にそんな世代にな
ってしまったのかなとも思ったのです。

この記事へのトラックバック