ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 平話§天安門事件から20年

<<   作成日時 : 2009/06/05 07:51   >>

トラックバック 0 / コメント 0

いかなる体制も程度の差こそあれ、現体制を守るべく反体制の人間に
理不尽なプレッシャーをかけるなど珍しいことではない。

そんな反体制側の力が、特に社会主義国家の中で強まったのが20年前
の1989年のことだった。既に衰退していた東ヨーロッパの国々の国家
体制が、この年に崩壊している。

そして中国もまたそんな潮流の中にあった。我々もテレビで刻々と動
いていく状況を見つめていたが、ケ小平の軍隊投入という強硬路線の
前に運動はあっという間に終息させられてしまった。そんな中で中国
は改革開放路線&社会主義市場経済を標榜し、我々からするとはなは
だ不思議な国家体制になってしまったように思われる。

そして中国国内として、天安門事件は“なかったのだ”ということに
したいのである。どこかの国と変わらないのだなあ。

それに比べれば日本はまだましか、と思っていたら……滋賀県だかで
リコール署名の関係者を呼び出してあれこれ問いただしていたという
トンデモな自治体があるというニュースを見た。まさに権力者側の論
理をごり押しという、まんまではないか。何度も繰り返すが、そうい
う権力の振りかざしはビルマや北朝鮮だけの話にしていただきたい。

《戦争と平和のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
平話§天安門事件から20年 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる