酢話§気まぐれ週末~いつもの寿司の会~

日本に戻ってきて何を食べようかと、旅行中は夢に見たり、醤油の匂
いを嗅いだ錯覚に陥ってみたりして妄想を巡らすばかりである。

ずいぶんと前の旅行の時は、帰ってきたその日の夜に近くの寿司屋に
なだれ込んだりもしたが、せっかくの寿司だから時差ボケの激しい最
中にはもったいないという意見が大勢――二人だが――を占めたので
一週ずらした週末にした。それで出かけたのが昨日のこと。

このところ頼むものは固定化してしまっている。ヱビス生を2杯呑ん
だ後は、菊正宗の冷酒を二合。つまみはあっさりとした真子鰈の薄め
にきってもらい、それに煮穴子に胡瓜をたっぷりと。同居人も変わら
ずおまかせのコースにたっぷりとしたお茶。

人心地ついたところで、づけマグロ、真子鰈、イクラ、海老、といっ
たあたりを握りで、巻物はトロ鉄火とカッパ。

これで今回の旅行の締めとした。

【去年の今日】週話§土日短信~いつもながら~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック