ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 牛話§山葵醤油でローストビーフを

<<   作成日時 : 2009/07/28 07:31   >>

トラックバック 0 / コメント 0

デパ地下に出店している某ドイツ系デリカテッセンに行くと、お徳用
なローストビーフの切り落としが売られていて、3か月に一度くらい
の間隔で200gほどを買って帰る。

さすがにご飯のおかずにというは無理があるものの、酒の肴としては
絶好の一品である。それに切り落としだからといって、見映えが悪い
以外は味だって変わらないのだ。

それでビールの供というわけだが、添付のソースとホースラディッシ
ュには眼もくれず、もっぱら最近は生醤油と山葵でという食べ方で楽
しんでいる。

どうも日本人的というのが顕著に表出してしまっているようだが、添
付のソースで食べるよりははるかに潔い味わいで、どうみても完全に
醤油との腐れ縁というか癒着なのである。

以前、六本木にあるドイツビールの店で神戸牛のタルタルを食べたこ
とがあって、これはもう上等なマグロのトロと同じだった。それこそ
山葵醤油でご飯のおかずになりそうなくらい。

ではあるが、さすがにローストビーフはというと、ご飯のおかずには
なりそうもない。

【去年の今日】環話§新国立劇場『リング』を思い出す[T]

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
牛話§山葵醤油でローストビーフを ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる