敢話§特筆すべきツール・ド・フランス

ほとんど情報をピックアップしないまま2009年のツール・ド・フラン
スが終わってしまったが、今年は一つのエポックが誕生した。

日本人選手として、別府史之と新城幸也の両名が完走を果たしたので
ある。過去何人か出場しているが、いずれも途中棄権をしているので
今回の完走がツール史上初めてのことなのだ。

特にドーピングの問題で揺れ動き続けているツールであるが、ここに
きてようやく日本人選手の健闘という、我々にとっては明るい話題が
提供されたのだった。

この先、彼らと彼らに続く日本人選手が登場してくるかはわからない
が、あと数年で百周年を迎える伝統的なサイクルスポーツに、日本人
がようやくスタートラインに立てたというところではなかろうか。

いずれ、5人、10人と日本人選手が増えていってくれれば、あるいは
ステージ優勝みたいなことも実現する……かも知れない。

《スポーツのトピックス一覧》

この記事へのコメント