ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 判話§裁判員はじめました

<<   作成日時 : 2009/08/07 09:45   >>

トラックバック 0 / コメント 0

第一号に選ばれてしまった人達の気苦労や思うべしである。

ともあれスタートした裁判員制度だが、この先様々な不備や想定外の
事態が起こってきても不思議ではない。そうしたことには、きちんと
対応して少しずつ充実した制度に改善されることを希望するのだ……

人が人を裁くという難しさ

……誰も好き好んでしたいと思っていないのは当然のことで、それを
もって裁判員制度に異議を唱えるというのは理想主義に過ぎていると
思われる。

市民目線からの判断からして被害者感情に与するという流れがあるだ
ろうことは、第一号の判決からうかがえることだが、この一事でもっ
て膨大な訴訟が同様に動いていくことがあるとは思えない。

我々のような普通の市民が“意識”を持ち、それを育てていくことが
とかく無関心に陥ってしまう市民感覚を少しでも変革していってくれ
ればと考えるのである。いつまでも日本の国民を“乳母日傘”状況の
ままにしていることのほうこそが危険なことである。少しでも我々は
市民意識を高めるべきで、それこそ将来の日本のかたちに向けて……

チェンジ

……の一助になって、よりよい方向性を示してほしいのだ。裁判員第
一号になった皆さん、そして裁判員候補者の皆さんお疲れ様でした。

《日本のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
     
判話§裁判員はじめました ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる