東話§現宮崎県知事の空気の読めなさ

あの時、自民党が変わっていれば、
大敗はなかったかもしれない


大した自信というか既にして過信でしかない。宮崎県民の皆さんが、
どう考えて支持をされているのかはわからないが、想像するに宮崎県
以外の人間には何の興味のない存在であるだろう。多くの人間は……

何を勘違いしてるの、この人?

……というスタンスで冷ややかに見ていたはずである。それこそ空気
の読めない最強の人間は現宮崎県知事その人ではなかろうかと思う。
彼の要求を自民党が呑んでいたとしても・・・本人の自信とは裏腹に
大勢がガラリと変わることなどおよそなかったであろう。というか、
むしろ自民党の判断は賢明だったといえる。

宮崎県に腰を据えて、残る任期をしっかりじっくりと県政に専念して
ください。潮目は明らかに変わってしまっていた。

たぶん……ご本人が思い込まれているほどには、残念ながら評価など
されてはいないだろう。

とっくの昔に馬脚は現れてしまっている。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック