週話§気まぐれ祝日~顔見世大歌舞伎~

また『仮名手本忠臣蔵』かと思わないでもないが、今の歌舞伎座での
最後の忠臣蔵だからと、昨日の先行売り出しで昼夜買ってしまった。

勘三郎の塩冶判官に幸四郎の大星由良之助という顔合わせは珍しいよ
うな気がするがどうなのだろう。四段目“判官切腹の場”には仁左衛
門が石堂右馬之丞を付き合うというのも趣向か。

六段目“勘平腹切の場”で芝翫が一文字屋お才というのがぜいたく。
一力茶屋で仁左衛門の由良之助はともかく、幸四郎の寺岡平右衛門と
いうのは“?”がついてしまう。詰まらぬ小細工などしないで、朗か
な足軽を演じていただきたい。

4月の現歌舞伎座最終公演まで、毎月皆勤にて相勤申候

付記:これについては何度か書いているが……全段通しが難しいのは
ともかく、二段目の若狭之介と本蔵、あるいは山科閑居の段が上演さ
れないのは、毎回のことながらおおいに不満である。


【去年の今日】週話§土日短信~錫製のビアマグ[下]~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック