休話§年末年始日記[2009年12月29日(火)]

[承前]

起きたのは8時ちょっと前、少しずつ寝坊になってきている。この日
は年賀状のラストスパート。一気にとはいかず、出かけたりする合間
とかをやり繰りしてプリントアウトしたものに簡単な一行とかを添え
ていくのだが“その一行”をひねりだすのがまた一仕事……。

昼食は餅を焼いて味噌汁に投入、うまい。それからショッピングセン
ターに車で向かい、去年の暮れに購入した包丁を研ぎに出す。

夜は“我々の忘年会”で、いつもの近くの寿司屋に。途中、書き上げ
た年賀状をポストに投函。ぎりぎり元旦に届いてくれるか。

いつもの寿司屋で注文するものは完全にマンネリだが、うまいものは
繰り返し食べてもうまいのだからしかたがないではないかと居直って
おく。かたや下戸の同居人は、お茶を片手に数品のおまかせコースを
舌鼓を打つ。こなたヱビスのグラス生を2杯で勢いをつけた呑み助の
つまみはカワハギのお造りと穴子。頼んだ日本酒は、青梅の澤乃井
二合。

締めのにぎりは赤身、平目、筋子、白海老、ネギトロ巻とカッパ巻を
四つ切にしてもらってお茶。

一年納めの忘年会は満足したお腹を抱えて終了したのである。
                            [続く]

【去年の今日】休話§年末年始日記[2008年12月29日(月)]

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック