西話§カヴァ~スペイン産発泡酒~

円が強かった頃は、フランス産の“正しいシャンパン”でもディスカ
ウントショップに行けば格安で買うことができた。モエ・エ・シャン
ドンが2500円くらい。今だと4000円を超えているので手は出さない。

同じ発泡酒でもドイツ産の“ゼクト”とかスペイン産の“カヴァ”な
ら2000円でお釣りがくるという感涙モノである。ただし泡の強さとか
味の濃厚さはシャンパンのそれには及ばないのである。ちなみに、今
呑んでいるカヴァは980円也。

ラベルをまじまじと見たわけではないが、ひょっとしたらアルコール
分もシャンパンより軽そうだと思うのは、去年の大晦日にゼクト一本
を軽々と空けて悪酔いも二日酔いもしなかったことからわかるのだ。

だからシャンパングラスで気取って呑むよりは、あっちの居酒屋あた
りがそうらしいのだが、普通のグラスにどばっと注いで、生ハムとか
をつまみにグイグイとという呑り方が似合っているような気がする。

いずれにしても気にせず楽しめるのがよろしい。

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック