連話§ワタシの酒肴[19]ほうれん草お浸し

[承前]

ほうれん草のお浸しである。居酒屋でもよく見かけるのだが、これが
酒の肴になるかというと……個人的には微妙である。突き出し程度で
ほんの一口くらいならいいが、小鉢にたっぷりとなると萎えてしまい
そうになる。

何より食感が寒々しいというのが率直な感想であるが、これはビール
とか日本酒でも冷酒ばかりを呑んでいるがゆえであろうと思われる。
これが熱燗でも呑りながらだったら、ちょいと舌を冷やす一品になる
だろうが、冷たい酒と冷たい肴では自ずと疎遠になってしまう。

というわけで、お浸しを単品で酒の肴にというつもりはなかったりす
るのである。
                            [続く]

《ビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック