五話§オリンピック~東京五輪音頭~

バンクーバー冬季オリンピックが始まったが、それとは無関係な話。

『東京五輪音頭』を歌ったのは、そもそも三橋美智也で、三波春夫は
その後何人かの歌手――藤山一郎とか坂本九も――のうちの一人だっ
た。ただ、結果として三波が最大のヒットであったのだそうだ。

ということとは無関係に、当時は誰もが口ずさむことのできた歌だっ
たりしていた。小学生ですらである。ところが、歌詞は正しく歌って
いたのに、とんでもない思い違いをしていた歌詞が一か所ある……

♪オリンピックの顔と顔~

……の歌詞を、長いこと“顔と顔”ではなくて、オリンピックの……

顔なるものを

……の“とか”と勘違いしていたのだった。それが“顔と顔”だとわ
かったのがいつのことなのかというと・・・秘密にさせてくださいw

《つぶやきのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック