辣話§なぜかどうにも・・・山椒が苦手

辛い物好きだと自他共に認めているわけだが、それでも山椒は苦手だ
ったりする。

鰻の蒲焼に付き物の粉山椒はそうでもないというか、大丈夫なのだが
粒山椒がどうにも“だめ”なのだ。

関西で売られている“じゃこ山椒”は、じゃこ好きだからと食べてみ
たら、粒山椒を噛んだ瞬間に舌が痺れてしばらく感覚が戻らなかった
のである。

どうやら、山椒特有の舌への痺れが苦手なようで、だからじゃこ山椒
をはじめとする粒山椒入りの食べ物を敬遠するようになってしまって
いる。

ただでさえ食べ物の好き嫌いが多いのだから、せめて辛い物くらいは
何でもござれでと思うのだが、こればかりはどうしようもない。

そういえば、辛いくせにタイ料理が苦手なのは柑橘系の酸味と辛味の
アンサンブルが好きになれないということなのだ。食べるのであれば
何の問題もない柑橘類だが、これが調味料として参加してくると苦手
に変わってしまうという不思議……。

【去年の今日】週話§気まぐれ週末~伽羅先代萩~

この記事へのコメント

Slow Cafe
2010年04月19日 14:02
四川などの麻婆豆腐の山椒の粒は可成り過激!あのシビレ感は確かに恐い。
HIDAMARI
2010年04月19日 16:19
そういう理由ではなくて、我が家の麻婆豆腐には花椒を入れていませんが、それは単に無精をしているだけだったりしますw

この記事へのトラックバック