週話§連休悠々~歌舞伎座閉場式~

4月30日の午後“奇跡のチケット”を手に、歌舞伎座の閉場式に向か
った。

晴海通りにたどり着けば、歌舞伎座側も松竹本社側も、入場者&見物
人でカオス状態。記録しておきたいところだけをデジカメで撮影し、
昼の部との入替えと同時に入場し、3階席に陣取る。

松竹会長の挨拶に始まって、幹部役者の踊りが二本。立役8人による
『都風流』と、立女形5人の『道成寺』に続いて、芝翫、藤十郎、富
十郎の口上。

『都風流』では、吉右衛門と勘三郎が並んで踊っていた。彼らの共演
は、2002年の歌舞伎座『仮名手本忠臣蔵』以来ではなかったか……。

↓以下のような閉場式次第
画像

45分の休憩時には歌舞伎座と共に歩んだ役者の映像が流され、映像に
大向こうが“中村屋!”“大成駒!”と賑やかに声を掛けた。大向う
の、物故した役者へのオマージュである。

最後、幹部役者から名題、お囃子といった人達が勢揃いしての手締式
の風景は、パリオペラ座バレエの“グラン・デフィレ”を思わせるよ
うな壮観さ。病で舞台に立つことが叶わない澤村藤十郎と、車椅子で
市川猿之助も列席したが雀右衛門の姿はなく、老いという時の流れに
抗することができなかったかと、それは心残りの一つになってしまっ
た。

16時に始まった閉場式は19時に終演。名残りを惜しむ客の足取りは、
歌舞伎座から外へと出て行こうとしてくれなかったのだ。

↓こうして歌舞伎座最後の日は過ぎようとしている
画像

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

みゆみゆ
2010年05月01日 21:01
はじめまして。
TBありがとうございました。
昨日の歌舞伎座閉場式に私も参加しましたが、とても尾感慨深いものでした。
HIDAMARI
2010年05月01日 21:49
コメントをありがとうございます。

歌舞伎を観始めて10年足らずの自分が、あのような“歴史の現場”を目撃することになるとは思いもよらないことでした。

今は2013年の新歌舞伎座の柿落としが待ち遠しいという、そんな心境になっています。

この記事へのトラックバック

  • さようなら!そして、ありがとう!歌舞伎座!!!

    Excerpt:  4月30日をもって、戦後開場された第4期歌舞伎座が建替えの為に閉場となりました。日付が変わってしまいましたが、今日行われた閉場式には、友人夫妻のご好意で夜の部を観劇することができました。歌舞伎座閉場.. Weblog: みゆみゆの徒然日記 racked: 2010-05-01 11:22
  • 歌舞伎座 閉場式

    Excerpt: 4月の歌舞伎座さよなら公演のチケットを取り損ねてしまった私に神様はほほえんでくれました。まさか取れるとは思わなかった閉場式のチケット 手ぬぐい投げがあるだろうから、前のほうの席を取りたかったのですが電.. Weblog: ゆらゆら漂流中~ racked: 2010-05-01 13:44