惜話§御名残四月大歌舞伎大千秋楽[二]

第二部は、菅原伝授から『寺子屋』と、三人吉三巴白浪『大川端庚申
塚』が、最後に藤十郎の『藤娘』である。一部や二部のような祝祭的
気分には欠けたが“日常公演の上質”を見せてくれたという感じか。

画像

第一部とは打って変わって落ち着いた客席。それと呼応したかのよう
な『寺子屋』の舞台は、仁左衛門の源蔵、勘三郎の戸浪、玉三郎の千
代三人のしっとりしたアンサンブル。だが、せっかくのアンサンブル
を破壊したのは、幸四郎の松王丸。例によっての高い裏声に加えて、
この日は普通の台詞も聞き取れず。どうしてなのだろう……。

そういえば「せまじきものは宮仕え」と「思ひ出だすは桜丸」の台詞
は義太夫が引き取っていた。別に珍しいことではないのだろうが、聞
いたのは今回が初めてだった。

続く『三人吉三』も力みのないサラリとしたもの。大千秋楽だからと
気負うことなく、これまでにそれぞれが培ったところを見せたという
ことか。藤十郎の『藤娘』も“ほんの一口”といったところで、4月
三部構成の中で第二部は、寺子屋ばかりが重くて釣り合いも悪くやや
物足りなさが残ったと言えなくもない。

同居人曰く……一部、二部と立て続けで“身替わりの子供の首”とい
うのもねえ……それもまたその通りである。歌舞伎なるものは、忠孝
をテーマとしているから、どうしても腹を切ったり首を切ったり、そ
んな題材が多いのだと納得するしかないのだ。

《歌舞伎のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック