繋話§かの国々の無線LAN環境事情

というわけで、いつものドイツ&オーストリア山中の夏季休暇から戻
ってきている。

今回初めてネット接続機器(iPod touch)を携行したので、その結果と
でもいうようなものを書き記しておく。基本は無料で提供されている
WiFiのみを利用するというもの。

まずは空港だが、成田もミュンヘンも空港内は有料の無線LANが完
備しているが、それにログインしてパスを買うための手続きが煩雑な
ので何もせずだった。ミュンヘン空港については到着ロビー内のショ
ッピングエリアあたりのカフェなどが、利用時間1時間に限っての無
料WiFiを提供していたのだ。

到着当日と帰国前2泊したホテル2軒のうち1軒は有料で、15分2ユ
ーロのチケット(他各種)を購入するもの。もう1軒はフロントで無料
パスをもらえたが、いささか使い勝手は悪かった。

問題は6泊した山の中で、もちろんというかWiFi環境はなし。救いは
観光インフォメーションにネット閲覧のできるPCが備え付けられて
自由に見ることができたことである。ただし、日本語のページは閲覧
できるがフォントがないので日本語を書くことはできなかった。まあ
ニュースを読んでメイルをチェックするくらいだから問題はない。

ありがたかったのは某ハンバーガーチェーン“M”でのことである。
アウトバーンのサービスエリア扱いとして営業されているMにもまた
1時間無料の接続サービスがあるのだが、携帯電話の番号を入力して
パスワードをという手続きが必要なのだった。

こっちの携帯を持っていないと言ったら、店員の一人がそれじゃあと
自分の携帯番号とパスワードをピックアップして教えてくれたのだ。

ありがとうN君!

《海外旅行のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック