週話§日曜悠々~昨日は寿司屋~

前回のお出かけから少し間が空いたが、7月の最終日は久々に近くの
寿司屋に行ってきた。

いつもの店でいつもの流れで食事ができる……酒を呑まない同居人は
数品のおまかせコースを、たっぷりのお茶をお供にいただく。この日
は鱧を合わせた前菜があったりして、7月最後の夏の料理という趣。

呑ん兵衛氏はヱビス生を2杯、鄙願と黒龍を一合ずつで、肴はづけマ
グロと季節の新子に玉子焼き。新子だが、これが二枚づけよりもまだ
小さい三枚づけという大きさで何とも繊細な数枚を大事にいただく。

締めには、赤身を多めに握ってもらい、夏らしいスズキを一貫、後は
珍しやアナゴを握ってもらい、車海老にイクラと進み、ネギトロ巻と
カッパ巻きで締めた。巻物の頃に届いたアサリ汁がホッとする温かさ
で、そういえば季節に一回はという間隔がちょっと開いてしまってい
たのだった。

また涼しく、秋が深まったあたりでおいしいものを食べに行こう。

【去年の今日】週話§気まぐれ週末~8月1日~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック