飛話§3D立体映像テレビなど

そこまで必要なのかなと3Dテレビのテレビコマーシャルを見ながら
思うのである。

いちいち観賞用眼鏡をかけるというのも煩わしいことだし、というこ
とを含めて、積極的に買おうという理由が見つからないでいるのだ。

考えていることは、これ以上の疑似体験は不要ということで、テレビ
だけで事足れりという流れには逆らっておきたいのである。

何度も何度も書いていることだが、スポーツであれ芝居であれコンサ
ートであれ、現場に足を運んで実物を見るべきであるという、まさに
この一点に尽きるのだ。

そういうことを踏まえていればいいのだが、ヴァーチャルばかりに眼
を奪われて現実を見なくなるというのが一番恐れていることである。

もちろん現場に行けないことのほうが多いのは重々理解したその上で
それでもなお立体映像の見えるテレビが必要なのだろうかという疑問
は解消しないままなのだ。

ちなみに耳の中が理由で眼の回りやすい同居人は、以前某巨大遊園地
で3D映画を観て酔っ払ったことがあるので、最初から問題外であっ
たりする。そうでなくても何らかの問題がありそうなのに見切り発車
のような気がしなくもない……。

《テレビのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック