心話§身の上相談の回答・・・

新聞やテレビといったマスコミの身の上相談を見ていて、最も馬鹿ら
しい回答に、それが家族間のトラブルだったりすると“血の繋がった
同士なんだからわかりあえる”というのがある。

……わかりあえていないからどうしましょう?という相談なのに。回
答者自体が旧来の思想から抜けきれておらず、いたずらに“みんなが
仲良くすれば万事解決”で片付けようとするのはお間抜けな話でしか
ない。今時、そんな回答で解決がつくなど、相談者も、読者も思って
などいない。

そんな相変わらずな回答ばかりが並ぶ中に、それでも最近はバシっと
本質を突く回答をする人達もいる。相談者ではなく、我々のような読
者にしてみれば、解決策はそれしかないというのは九割以上はっきり
しているわけで、それを諾とするかどうかは相談者が判断するしかな
いのだ。

それこそ相談者にとっての“魔法のような回答”などは世の中に存在
せず、どのような回答を受けようが、判断して解決するのは回答者自
身に委ねられているのである。

それであるなら、今さらの“おためごかし”のような、みんな仲良く
で済ませようとする、間の抜けた回答など屁の役にも立たないではな
いか。

どういう状況であれ、相談者は“きっかけ”を求めているのだ。

【去年の今日】悼話§A・デ・ラローチャさん(ピアニスト)

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック