ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 汗話§開演に遅れた前科など

<<   作成日時 : 2010/11/11 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

電車の遅延とかいったアクシデントでコンサートなどの開演に遅れた
ことはない。が、なぜか開演時間を勘違いという間抜けなことが2回
ほどあったりする。

一度目は帝国劇場で森繁久彌の『屋根の上のヴァイオリン弾き』を観
に行った時のこと。正しい開演時間前に着いて、劇場地下でトイレに
行ったり何となくのんびりと過ごしていた。そうしたら地下街にヴァ
イオリン弾きのテーマが流れてきたのだった。

ほう、なかなかに雰囲気を盛り上げてくれるものだと思っていたのだ
が、どうも様子がおかしいと同居人ともども思い始めてチケットを見
たら……開演していたのだった。完全なる勘違いである。

もう一回は、神奈川県立音楽堂で聴いた室内楽コンサート。これも見
事な勘違いなのだが。開演時間を間違えて認識していたということに
ショックを受けたのだった。

要するにチケットに印刷された開演時間を眼に焼き付けていなかった
ということで、ごくごく単純な見落としに起因する勘違いということ
なのだが、本当に間抜けな話でしかない。

並べて東京の夜のコンサート開演時間は、19時に揃えられていて、休
憩をはさんでも2時間というのがお決まりになっているわけだが、何
かの理由で18時半開演とかあって、そのあたりで錯覚というか勘違い
を起こしかけることはあって、少なくとも“いつ?”と“どこで?”
の事前確認は必須である。

ちなみに公演会場を間違えたことは一度もないのだ。

【去年の今日】衰話§老化の揚幕〜霜置く髪〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
汗話§開演に遅れた前科など ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる