ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 週話§日曜悠々〜海老蔵の怪我〜

<<   作成日時 : 2010/11/28 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

またか……というよりも、体調不良で記者会見をキャンセルした。そ
の後の夜に起きた不始末である。自己管理が甘いと言われればまさに
その通り。だから、このエントリーで同情などは一切しない。

2007年も大阪松竹座の風呂場で足を切って休演。『女殺油地獄』の主
役与兵衛の代演を片岡仁左衛門がという……通常の歌舞伎公演では、
格上の役者が代演することはありえない……そんなことがあったほと
ぼりも冷めぬまま、おまけに間もなく始まる京都南座の顔見世も休演
となり“再度!”仁左衛門が代役をすることになってしまったとは、
過去の失敗がまったく糧になっていないではないか。

我々が歌舞伎役者を尊敬するのは、ひとえに25日間の興行をやり遂げ
る強靭な意志と体力、芝居への愛情といったものに対してで、そのた
めの自己管理ができない人間を尊敬するわけにはいかないのである。

いつかも書いたように、容姿の見事さは何の文句もつけようがない。
ところが肝腎の芝居がどうにもこうにも……なものだから、ここ何年
か、彼が芯でという月は意識的にはずして出かけていたのだ。

彼をして新しい歌舞伎の担い手と持ち上げる節があるが、これまで見
ている限り、彼は新しい歌舞伎の担い手だとは思えない。新しいとい
う試みをしている役者は他に何人かいる。少なくとも彼はそういう中
には含まれてなどいない。

それが誰と誰であるのか、歌舞伎を観ている人なら簡単にわかること
である。今の海老蔵に何が必要なのかとっくに周囲はわかっている。
わかっていないのは……。

以上を踏まえて、後年“我々の見込み違いだった”と後悔させられる
かどうか。

【去年の今日】週話§気まぐれ週末〜プロジェクト?〜

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
週話§日曜悠々〜海老蔵の怪我〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる