週話§土曜悠々~冬至を目前にして~

金曜日の朝は冷え込んでいた。車の屋根の霜の白さがひときわ濃くて
朝日で溶けるのに時間がかかるようになっていた。

欧米は大雪で交通機関が麻痺したりと、何でも199年に一度の厳冬
ということのようだ。北海道や東北も次第に根雪になるような降り方
のようで、着々と冬である。

ところで自分だけなのかどうか。なぜだかわからぬが、手袋をすると
手がなかなか暖まってくれないのだ。特に革手袋とは相性が悪くて、
手が冷たいままで一向に暖まろうとしないのである。意外なことには
軍手のような薄い手袋だと、気がついた時には暖かくなっているので
ある。どうも貧乏性に生まれついているようなのだ。

【去年の今日】儲話§勧誘電話バッサリお断り

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック