惰話§天の邪鬼が酒を呑む

だらだらと酒を呑まなくなって久しい。

何年か前までは、自宅での晩酌が長いと同居人から言われていた。確
かに何だかんだで食事時間が3時間に及ぶような状況が続いていたの
である。

さすがに、この2年ほどは家で呑んでもせいぜい2時間以内で収まる
ようになってきた。だから“ぐうたら”と酒を呑むようなことなどは
これから先もあるとは思えないのだ。

酒の種類も、あれやこれやととっかえひっかえ呑むわけではなく、お
よそビール、日本酒、ワインあたりをぐるぐるしているから、時間的
にも長引くことがないのかもしれない。

これが、ビールや日本酒の後にウイスキーをとか舐めだすと、もう一
時間とか状態に入っていくのだろうが、平日にそんなことはできず、
休日の晩酌用にウイスキーを調達しようというのも、どうも面倒だと
は、これぞまさに天の邪鬼の本領が発揮されたと言ってもいいのだ。

それこそ“いいじゃないの、家にある酒を呑んで楽しければ”という
心境で、休肝日を除く週5日は飽かず楽しく酒を口にするのである。

ところが先日のこと、20人ほどで会食する機会があり、その中で卆寿
間近の男性が、矍鑠と生ビールのお代わりをするのを見て、さすがの
天の邪鬼にも“やったるぜ!”的な目標が出現したのであった。

【去年の今日】週話§日曜悠々~お留守番はカレー作り~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック