験話§触らぬ神に祟りなしか?

ブログのネタ帳に書かれていたタイトル案である。もう少し具体的に
何に触ってはいけないのか書いてあればいいのに、例によって省略し
ているものだから。さて……と思いつつ、いい加減に一文作ろうかw

ところで、神様は祟りをもたらさないと聞いたことがあるのだが、そ
れは本当だろうか。一般的にそうだと言われていることに対して、神
主さんだったかお坊さんが穏やかに“神様や仏様は罰をあてません”
と言っているのと聞いたことがあるのだ。

まあ、神様というものは常に祀り上げておくべき存在だから、むやみ
やたらに神様神様と使い立てしてはいけないということだろう。

普段から神様仏様に頼ることがないので、触ることもなくのほほんと
過ごしているわけで、そのせいかどうか大きな災厄などもないままに
人生の後半戦を淡々と歩んでいるのである。

無事是名馬

この年齢になると、本当に“冒険はしない”なあと思いつつ、自分の
体を優先的にいたわるのである。

【去年の今日】週話§日曜悠々~本日二十三回忌追善~

この記事へのコメント

ユニゾン
2011年02月23日 10:24
神様は「罰」は与えますが「祟り」は与えないでしょう!
祟ると云うのは怨念ですから、神様に怨念など無いと
思います。
ですから神様に祟りは無いのでは(^_-)-☆
HIDAMARI
2011年02月28日 12:22
そういうことですねw

この記事へのトラックバック