長話§口の聞き方を知らない大の大人

特に男性の年長者で、コミュニケーション下手であるがゆえか、口の
聞き方のへたくそというか、できないという人が少なくない。

そういうのを感じるのはデパートやマーケットといった物売りの現場
で、特に顕著に見受けられる。一番わかりやすいケースとしては……

この品物はご進物用ですか?

ああ

熨斗はお付けしますか?

ああ

……とまあ、これだけである。まとまった言葉を発するのが面倒なの
か苦手なのかはわからない。それとも客は偉いという上から目線なの
かどうか。

こういうことが、明治以前から連綿と培われてきた男は軽々に物を言
ってはいけないということの悪しき結果ではないかと考えるのだが。

などと書いているブログ主も、同居人からしばしば指摘される口の重
さみたいなところがあって、おおいに反省しなくてはならないのであ
ある。

というところで、口の聞き方がまるでなっていない傲岸不遜な著名人
の代表を挙げておこう……

石原慎太郎&渡邉恒雄

……の二人。話し方のレベルの低さは筆舌に尽くせないものがある。
下品という人となりが表れているということなのだ。

【去年の今日】呟話§一言つぶやき~4月1日新年度~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック