調話§ギターのチューニング

ギターをといってもフォークギターを弾いていたことがある。遠い遠
い昔の話だが……。

素人であろうがギターのチューニングは自分でするしかなく、音叉を
鳴らしてせっせと6本の弦の音を合わせるのだ。ちなみに弦の並びは
低いほうから高いほうに向かって……

ミ ラ レ ソ シ ミ

……で、最初にA(ラ)の音叉を共振させてラを決める。それからレソ
シミを合わせて、最後に低いミで終了というものだが、その先に微調
整が待っている。

素人耳でもそれなりに正しく合っているのだが、和音を弾いてみると
ハモっていないことくらいはすぐわかる。ラの弦でドを、レの弦でミ
を押さえて三度を試すと、これが合っていないかのように聞こえるの
だ。それで、素人耳で注意深く6本の弦を微調整して和音がそれなり
に合っているところへと揃えてやるのだ。

フォークギターはコードをジャランと鳴らすのが主なお仕事なので、
和音がきれいに鳴ってくれるほうがありがたいのだ。それで、6本の
弦を一通り合わせただけでは物足りなくなって、それがたとえ素人の
持つ耳であっても、自分なりの感覚で、きれいに鳴ってくれるように
チューニングしてやっていたのである。

まあ、自分で聞いていてそこそこに合っていたと思うのでよろしいの
ではなかったかと思う。素人は素人の拘りでしかないのだが。

【去年の今日】触話§バスカードが消えていく

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック