ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 謝話§シルヴィ・ギエム〜HOPE JAPAN〜

<<   作成日時 : 2011/10/21 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

ダンサーのシルヴィ・ギエムが呼びかけて実現した東日本大震災復興
支援チャリティ・ガラに行ってきた。10月19日の東京文化会館でチケ
ットは完売。

画像

【第1部】

『現代のためのミサ』より“ジャーク”
(バレエ『ダンス・イン・ザ・ミラー』より)
音楽:ピエール・アンリ 振付:モーリス・ベジャール
東京バレエ団

ニネット・ド・ヴァロワによる詩『満ち足りた幽霊』『子どもの言う
には・・・」
朗読:アンソニー・ダウエル

『ルナ』
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ 振付:モーリス・ベジャール
シルヴィ・ギエム

『アルルの女』より
音楽:ジョルジュ・ビゼー 振付:ローラン・プティ
マッシモ・ムッル

『火の道』
舞踊:花柳壽輔 横笛:藤舎名生 太鼓:林英哲

【第2部】

『ダンス組曲』より
音楽:ヨハン・セバスチャン・バッハ 振付:ジェローム・ロビンズ
マニュエル・ルグリ チェロ:遠藤真理

『十五夜お月さん』『五木の子守唄』『シャボン玉』『赤とんぼ』
『さくらさくら』
独唱:藤村実穂子

『ボレロ』
音楽:モーリス・ラヴェル 振付:モーリス・ベジャール
シルヴィ・ギエム  東京バレエ団
指揮:アレクサンダー・イングラム
演奏:東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団

……というプログラムだった。まずは、この企画を立案し呼びかけた
ギエムに感謝を。そして呼びかけに応じて出演した人達にも感謝を。

英国ロイヤルバレエのトップダンサーで芸術監督でもあったサー・ア
ンソニー・ダウエルの格調高いクイーンズ・イングリッシュによる朗
読、あるいは劇場空間に轟き渡る和太鼓と鋭い横笛の中、大きい舞を
見せた花柳壽輔。

ちょっと残念だったのはルグリの『ダンス組曲』で、バッハの無伴奏
チェロ組曲5番のサラバンドと6番のプレリュードをバックにルグリ
が踊ったのだが、ゆっくりとした足取りのサラバンドはともかくも、
走句のプレリュードはチェロの演奏がアップアップとなってしまい、
何というかルグリがチェロに合わせる羽目になって、踊りそのものが
ぎくしゃくしたという。それはそれで珍しいものを見たということに
なるのだろうが、共演者の格の違いを思い知った。それこそ、先週の
タマーシュ・ヴァルガ(ウィーン国立歌劇場同士である)あたりとでな
いと、この日の組み合わせは横綱と幕下付出しくらいの取組としかい
えなかったのである。

ちなみに『ダンス組曲』は他に、1番から2曲を使って踊られるのだ
が、あるいは奏者の力量ゆえに省略されたのかもしれない。

それに続いて、藤村実穂子の日本歌曲のア・カペラの独唱は、五体に
しみじみ沁み渡る豊かで美しい声の響きで、会場を満たしてくれた。

そして最後が再びギエムが登場しての『ボレロ』……まさに自家薬籠
となったベジャールの古典を、円熟した美しいフォルムで表現するギ
エム。ここまで存在感あるボレロを誰が踊れただろうかと、遠く4階
正面からギエムの研ぎ澄まされた肉体を眺めていたのだ。

最後に、ボレロのためだけのオーケストラ伴奏というものだったが、
これはやはり録音で踊られるべきだろうと思ったのだが、その大きな
理由はオーケストラピットの存在である。冒頭、真っ暗な舞台に1本
のスポットライトがダンサーの腕を照らし、徐々に明度が上がってい
くという照明の演出を、何とか邪魔するまいと、オケピットの照明を
落として音楽を始めて、徐々にピットの照明も明るくしていくという
ものだったが、結局は舞台手前の光の池が興を殺ぐところがあったと
感じたのである。

《バレエのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
謝話§シルヴィ・ギエム〜HOPE JAPAN〜 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる