肴話§つまみを食べずに呑む人達

ミュンヘンのビアガーデンで呑んでいて驚くのは、テーブルの上には
1リットルジョッキだけで、何のつまみもなくビールだけを呑んでい
る人の多いことである。

そりゃあ確かに日本のビールよりは濃い麦汁で“液体のパン”という
表現そのものであるとは思うが、それじゃあと突っ込んでみるに、ジ
ャムもバターも何もつけないパンだけを食べるのですかということな
のだが……。

我々日本人が酒を呑むのは、食事をする時だと相場は決まっている。

自分自身はといえば、酒だけを呑むという習慣などは最初からなく、
量がどうであれ、乾き物だろうがなま物だろうが、温かい冷たいであ
ろうが、そんなことには無関係に要はつまみがないと呑めないのだ。

ミュンヘンのビール風景を目のあたりにすると、我々とは根本的にビ
ールというもののあり様が違うような気がしてならない。突っ込みを
入れはしたが、そもそも食事であるとか、飲酒の概念や感覚のような
ものがまったく異なっているのだろうと考えるしかないようである。

《ドイツビールのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック