ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 師話§グスタフ・レオンハルトの引退

<<   作成日時 : 2011/12/26 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

今年の5月、明治学院大学チャペルでオルガン・リサイタルを聴いた
グスタフ・レオンハルトが引退表明をした。実際眼にしたレオンハル
トの姿に老いというものを強く感じてしまったのだった。

一度は聴いておきたいと思いながら、なかなかチャンスに恵まれず、
ようやく聴けた。その年の暮れに引退するというニュースに接して、
あの年齢でよく来日してくれたということと、ようやく間にあったと
いう2つの思いが強烈に残っている。

聴いた直後に書いたように、一度も聴いたことのない曲ばかりを一時
間、どのようにオルガンの演奏を聴いたらいいのかわからないままと
いうのは、未知なる外国語のスピーチを聞かされるとでも言えばいい
と思うのだ。

たぶん同じくらいチェンバロの演奏も“良し悪し”のようなものがわ
からないだろうから宝の持ち腐れに近いものがあると言えなくもない
だろう。

レオンハルトの真価だが、個人的にマタイ受難曲やバッハの室内楽と
いった録音で感じ取っているので、今回の来日では御尊顔を拝しつつ
オルガンを聴かせていただいたというところである。

いずれにしても、今日の古楽器運動の大きな一翼となったその一人に
対して、大きな感謝をしなくてはならない。

《クラシックのトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
師話§グスタフ・レオンハルトの引退 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる