智話§新鮮な情報の流通とブログの位置

情報のスピードはいよいよ速くなって、その尻尾すら捕まえられない
ままに過ぎ去ってしまうかのような観がある。

インターネットの中において、その速度は傍観していて恐ろしいほど
である。テレビが家庭に入ってきた時、ニュースが報じられるスピー
ドは、新聞をはるかに凌駕したように思ったのだ。

今や、テレビがネットのスピードに凌駕されてしまったの感がある。
もちろん、早ければそれがすべてではない。情報が伝わるスピード以
上に、情報自体の内容にこそ価値が置かれるべきで“早いがゆえに尊
い”というわけではない。

鮮度が命の情報と保存されるべき情報が存在しているのに、ネットの
世界ではどちらの同列であるかのごとくにみなされて、情報全体が使
い捨てされているような気がしてならない。それを防ぐには、我々自
身が留めておくべき情報を冷静に選別していかねばならないのだ。

そういう意味で、個人が作成しているブログのようなところに、個々
の判断で情報が蓄積されていることもあり、だから何かを知りたくて
検索すると、知りたかった情報が個人のブログの中に存在していると
いうことも少なくないのである。

情報を使い捨てることなく、膨大なインターネットの中に留め置くデ
ータベースとしての存在理由のようなものが、吹けば飛ぶようなブロ
グの一つ一つにあるような気がするのだが……。だからこそ、必要な
情報を的確にピックアップするための強力な検索エンジンがいよいよ
必要不可欠となっていくのだ。

【去年の今日】週話§日曜悠々~最後の日曜日~

この記事へのコメント

BerlinHbf
2012年01月08日 07:30
昨年は個人のデータベースとしてのブログのよさを見直した年でもあったように思います。いつでも過去にさかのぼれるのと、好きなだけ書けるのがやはり魅力でしょうか。毎回というわけにはいきませんが、「1回限りの使い捨て、読み捨て」にならない内容も大事にしたいと思います。またお邪魔しますね。改めて今年もよろしくお願いします。
HIDAMARI
2012年01月09日 08:40
コメントをありがとうございます。

まずは自分自身のデータベースとして、そして何かの参考にと覗いてもらえればいいかなと思います。エントリーも5000を超えると、埋もれてしまうものも多いので、そんなものが活用できる方策を探っていこうと考えてもいます。

この記事へのトラックバック