痢話§腹具合・・・道半ば

引き続き火曜日も休んでしまった。こういう体調だからしかたないと
は思うが、気分的にこういう休みは何だかなと不本意な思いである。

固形物の摂取以上に水分を摂っているものだから、胃液の濃度回復が
遅れているようで、まだまだ緩さが続いている。ここのところは水分
補給も必要だし、そこのところのバランスは難しいと思うのだ。

日曜日は気力が湧くことなく、食事もそこそこにベッドにもぐり込ん
でしまったが、明けて月曜日は昨日も書いたように、昼はうどんを半
分ほどすすり込み、その後は3時に餅菓子を食べたりして、それなり
に固形物を摂取しようと努めたのである。

夜も、湯豆腐にご飯、豆のスープにレタスサラダと食べられるだけの
ものは食べるべくがんばったが、まだまだ固形物が不足しているよう
で、腹の緩さは継続していたのだった。

明けて火曜日も結局は腹に不安を抱えていたのと、雪が降った後の交
通混乱を言い訳に、休みを追加してしまった。電車に乗っていて突然
ということはないだろうが、万が一も考えたのである。

年齢も年齢で、一度体にトラブルを起こすと修復するまでにはそれな
りの時間が必要なのだろうとは思うが、3日目ともなると気弱にもな
りかかったりして、10年くらい前にはなかったことだなあとも……。

【去年の今日】季話§水沢腹堅~七十二候~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック