ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 節話§土脉潤起〜七十二候〜雨水

<<   作成日時 : 2012/02/19 00:02   >>

トラックバック 0 / コメント 0

雨水の初候“土脉潤起(つちのしょううるおいおこる)”である。

二十四節季も立春から雨水に移った。その次が啓蟄ということになる
が、ここにきてようやく土の潤いが増してきて、何となく柔らか味を
帯びてきてくれたような気がするのだ。

そんな前段階を経て、啓蟄の折に虫達が土中から這い出してくるとい
う算段なのである。ではあるが、2月下旬に近くなったとはいえど、
実際には凍りつくような地面の様子であるのは、わざわざ触らずとも
わかることである。

さて、春の扉がこじ開けられるのはいつになることだろうか。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
節話§土脉潤起〜七十二候〜雨水 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる