週話§日曜閑居~お鮨の会\(^o^)/~

昨日は久々に我が家近くの寿司屋で“お鮨の会”を催した。2時間足
らず、いつもながらの変わらぬ流れではあったが満足して帰宅した。

席についたところでヱビスの生おビールを1杯。とりあえず喉の渇き
を抑えつつ、毎回変わることのないヅケまぐろと穴子を肴にもらう。
加えて昨日はカレイがはいっていたので季節の一品として注文した。
変わらぬものと季節物とのバリエーションを楽しむ幸せ。

もちろんビールの後には、この店おなじみの“鄙願”を一合頼んだ。
色気のない仕上がりなれど、スキっ!とした呑み飽きしない酒は肴の
進みが早い。まあ、それ以上に酒の進みも早いので慌てて男山を一合
追加。

といったところで握りタイムとなりにけるかも。赤身2貫、中トロ1
貫、小肌1貫、イクラ1貫に、ネギトロとカッパを巻いたのをもらっ
たが、そんな程度で腹がふさがる自分が悲しいなあ。

同居人は、六品のおまかせ料理を堪能し、18時から始まった二人宴会
は、我々にしては長めな2時間コースでお開きとなり、満足した腹を
抱え、小雨の降る中を数分足らずの我が家へと帰還したのであった。

【去年の今日】旨話§ドイツビールの温度

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック