節話§菖蒲華~七十二候~夏至

夏至の次候“菖蒲華(あやめはなさく)”である。

アヤメは雨に似合う……かどうかはわからないが、紫の花にぽつぽつ
と水滴が付いた様は一服の清涼剤のように感じられてならない。

この時期になると尾瀬の湿原には、ヒオウギアヤメとカキツバタが盛
りを迎える。一見すると見分けがつきにくいのだが、ヒオウギアヤメ
は1本の茎に複数の花が咲くのに対して、カキツバタは茎1本に花一
つという簡単な見分け方があるのだ。

尾瀬のシンボルである水芭蕉のシーズンは終了。これからの尾瀬は、
8月上旬まで様々な花が湿原を彩ってくれる。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック