快話§ウォーキングシューズの選び方

今持っているガチなウォーキングシューズは3足ほど。それから、タ
ウンシューズでウォーキング対応もしていますというのも3足ほど。

ただし2つのウォーキングシューズには歴然とした違いがある。タウ
ンシューズのほうは、数千歩が限界で足が疲れてきてしまう。それに
対してガチな靴は1万歩を超えても足に負担がかかることなく、足の
疲労度が少ない。

今履いているのは今月初めに買ったR社のものである。Rといえば、
25年くらい前に初めて買ったウォーキングシューズのメーカーなので
ある。

どうして遠ざかっていたのかというと、男性用のサイズが24.5cmから
という血も涙もない商品設定が原因である。ウォーキングシューズと
しての質は申し分ないのだが、我が足のサイズは24cmしかないのだ。

それで、今回は24.5cmを試してみた。普段よりも紐をタイトに締めて
履いてみたところ、いくらか爪先に遊びはあるものの、歩くにあたっ
てゆるゆるする感じではないので、これならよかろうで購入を決めた
のである。

試し履きしてわかったのは、爪先のソールが少し上に向いていて、足
を蹴り出すのが軽かったりする。昨今のウォーキングシューズの中に
は、爪先からかかとまでを弓なりに湾曲させたものがあって、そこま
で極端でなくてもいいが、これくらいなら歩きやすいと思ったのだ。

【去年の今日】懐話§昭和三十年代~味の素~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック