ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 録話§化石のようなフロッピーディスク

<<   作成日時 : 2012/11/28 00:00   >>

トラックバック 0 / コメント 0

会社のデスクの引き出しの中には長いこと手をつけたことのないのが
ある。それはもう、この先もその中のあれやこれやを使うようなこと
もないままに3年先を迎えるのは間違いのないところなのだ。

たまたま、そんな引き出しを引っくり返したら……出てきたのがこの
フロッピーディスク(5.25インチ)だったのである。まさに化石……。

画像

記憶を辿れば、会社にワープロがやって来たのが1983年頃のこと。何
となく“機械好き”の虫が騒いで、ワープロを覚えたのである。最初
のフロッピーは8インチの大きさなのに容量は128KBと小さなもの。

覚えた頃に新しい機種がやって来て、それは5.25インチのフロッピー
を使うようになっていた。仕事に使うようになったのがこのフロッピ
ーになってからで、とはいっても月に2回くらいデータをまとめて、
新しく作成するという程度のことだったけれど。

その数年後だったろうか、フロッピーの最終型となった3インチ半が
登場する頃には、会社内でもワープロで書類作成をという流れが進行
していった。そして、本格的にデータを仕事の流れの中で反映させる
という形が見えてきたのは1990年代に入ってからのことである。

その後、20年以上にわたって3インチ半フロッピーの全盛時代が続く
ことになったが、テキストデータを扱うには申し分なく十分な容量で
重宝したのだ。

その後、データ化された画像をやり取りするためにCD-Rのような大容
量が必要となっていくにつれてフロッピーの出番は少なくなり、本当
に稀にしか使われなくなってしまった。というわけで、開かずの引き
出しの中には死蔵の3インチ半フロッピーが数え切れないほど……。

【去年の今日】必話§実は消耗品商法だったのだな

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
録話§化石のようなフロッピーディスク ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる