和話§このまま春・・・なのかな

水曜日の東京は気温が18度まで上がった。木曜日も18度近くとなり、
今日も最高気温が20度という予報らしい。まさか、このまま春になっ
てしまうわけではないでしょうねとは思うのだが。

長いこと生きているので、この陽気が桜が咲くまで続いてくれるなど
とは考えもしない。どこかで“寒の戻り”のポイントが訪れるはずだ
と信じている。

季節の変わり目であることは疑いようもないので、注意するべきは、
気温の変化に対応できるような服装を心がけるということだが、これ
が難しい。

日中は20度近く上がる気温も、朝晩は5度くらいまで下がることもあ
るから、どこで調節するかといえば、ウール類でも薄い物、脱ぎ着の
できるものを合わせているのだ。つい一週間前まで着用に及んでいた
羽毛入り半コートは、あっという間に過去の存在になってしまった。

そういったあたり“何とかなるだろう……”的鈍感なところがあって
同居人が「もっと工夫したら~」というイエローカードが出ることに
なる。

我が家の周辺で匂ってくる沈丁花の蕾もまだまだ固いようだが、もう
一週間もすればほころんでくれるだろう。

【去年の今日】瑞話§沈丁花・・・去年の記憶はない

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック