ひだまりのお話

アクセスカウンタ

zoom RSS 季話§雀始巣〜七十二候〜春分

<<   作成日時 : 2013/03/20 00:01   >>

トラックバック 0 / コメント 0

春分の初候“雀始巣(すずめはじめてすくう)”である。

去年のこの候では、桜の開花が4月にずれ込むのではないかと書いて
いるが、実際に東京で開花したのが3月31日のことで、過去10年の中
では最も遅い開花なのだった。ちなみに観測史上最も遅い開花は4月
11日で1984年だったとのこと。

ところで、春分の日と秋分の日は昼と夜の長さが同じといわれている
が、東京における今日の日の出は5時45分で日没は17時53分となり、
昼のほうが若干長い。3日前の17日が5時49分、17時50分ということ
で、このあたりで昼夜が同じ長さなのである。

《七十二候のトピックス一覧》

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
     
季話§雀始巣〜七十二候〜春分 ひだまりのお話/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる