悼話§河竹登志夫さん(演劇研究家)

つい先月も、歌舞伎座開場のテレビ番組に出演されていたのに、急な
訃報で驚いた。歌舞伎座開場に先立つ3月28日には“古式顔寄せ手打
式”で4月興行の演目を読み上げたばかりだったのに。

画像

もう10年くらい前になるだろうか河竹登志夫が、黙阿弥から始まって
娘(祖母)である糸女と、彼女が養子に迎え、登志夫の父となる繁俊に
ついて書いた『作者の家』という本を興味深く読んだ。

河竹登志夫は東京大学理学部で物理学を学んだ。そのまま進めば別の
道だったのが、演劇研究という選択をした。そこに葛藤があったのか
どうか……詮索するのは野暮である。

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック