酒話§観戦や観劇の合間にビール・・・

オペラや歌舞伎の休憩時、あるいは大相撲やラグビーを観戦している
最中にビールやホットウィスキーを呑んだいたのはいつ頃までのこと
だったかと思い起こしている。

おそらく10年くらい前までは、ささやかにそんなことをしていたとい
う記憶。歌舞伎の幕間食事では350の缶ビールを1本、大相撲では
ロング缶を1本呑んでいたのだが、気がつけば呑まなくなっていたの
だ。

呑まなくなった理由は“何となく”としか言いようがないほどに、あ
る日呑まなくなっていたのである。別に眠くなるからとかいった理由
ではない。

後付けで考えるならば、ラグビーのような連続するボールゲームで、
呑み食いしながらというのは集中を殺ぐものだから、自然自然に呑ま
なくなったということだろう。だからラグビー観戦している最中は、
何も口にしないのだ。

考えてみたら“そうするものだ”みたいな思い込みを持っていたのか
もしれない。そうすることがお約束であるかのように。

日本では呑まなくなったが、旅先でオペラやコンサートに行く時には
今でも軽く呑むことはなる。それは何がなしな空気感が誘っているの
かもしれない。

【去年の今日】諧話§一日一句~爽風吹き過ぎて~

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック