浮話§こんな世間など要らない!

出産についてあれこれと喧しかった先週のネット上を、一片の“詩”
が流れて行った。ここでも紹介しておこう。

早く産んだら“若すぎる”

遅く産んだら“遅すぎる”

一人産んだら“一人だけ?”

沢山産んだら“やってける?

一人で産んだら“父親は?”

産まなかったら“かわいそう”

とかくこの世は棲みにくい


こんな言葉を何の気遣いもなく口にする人間などはいまだに、珍しく
もなくて、何ともやり切れない気持ちにさせられる。

そういった人権意識の欠落した人達には気配りという発想はなくて、
思ったことを斟酌することなくしれっと口に出してしまう。そこには
当事者が持つ切実さなどは完全に無視されて、おなじみ女性週刊誌や
文春、新潮といった無責任なメディアの“いじめ”にも影響されて発
せられる暴力行為なのだ。

仮に、言っている本人に問いただしてみると、間違いなく“そんなつ
もりで言ったわけではない……”という、これもまたおなじみの言い
訳を聞かされることになって、政治家からメディアから国民までが等
しく言い訳をするという21世紀にあっても情けない国情なのである。

《日本のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック