危話§SNSの初期設定は・・・

フェイスブックに代表される“SNS(ソーシャル・ネットワーキング
・サービス)”からの個人情報流出がしばしば問題になり、トラブルの
元になる。

SNSに参加するのはいいのだが、パソコン操作に慣れない人達が、
初期設定をきちんと済ませないままにデビューした結果、個人情報が
独り歩きをするはめになってしまうのだ。一般公開している人の中に
は、住所の詳細から一切合財をネット上に晒したりしていて、それで
いいのだろうかというくらいオープンというか無用心なケースも時に
あったりするのだ。

それにしても、そういったトラブルが頻繁に起こっているにもかかわ
らず、SNS本体では相変わらず初期設定の変更をしないのである。

およそ多くのSNSにおける個人情報をどこまで晒すかという設定は
一番オープンな段階がデフォルトになっていて、そこから個々人が自
分の公開範囲を決めていくということになっているのだが、それが問
題なのだと思うのだ。

どうしてSNSの側では公開範囲の初期設定を一番クローズドな形に
しておかないのだろうか。そこからスタートすれば、とりあえず個人
情報がネット上に流れることはないではないか。それから先、公開範
囲をじっくり拡げていけばいいだけの話しである。

ちなみに、我が公開設定は一番狭い“友達”というレベルで、個人情
報も性別や誕生日(誕生年は非公開)程度を“友達”が見られるのみと
いうものなのだ。

SNSの主宰者は、初心者を前提にシステムを構築すべきだと思う。

《ブログのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック