惜話§夏季休暇~フィガロの結婚[上]~

[承前]

というわけでゼンパーオパーに入場である。チケットはネットで予約
して、送られてくるPDFデータをプリントアウトして持参するのだ。

↓味気ないといえば味気ないが旅行者にはありがたい
画像

コンサート通いを始めて40年以上……クラシックのコンサート・チケ
ットも自宅でプリントの時代に突入したぜ、などと感傷に浸る時間も
あらばこそ、入口でコピーを提示すると係員がバーコードを読み取っ
て入場である。

画像

最後にゼンパーに入ったのが2004年の1月だから、およそ10年ぶりと
いうことで、何となくあちらこちらを歩いてみる。が、ちょっと小腹
が空いているので、ちょっとしたオードブルの盛り合わせなどでごま
かす。口を動かしつつ当夜のキャストはと見ると、何とまあ見事なま
でに誰一人として知らないのだ。

画像

予鈴が鳴って席に着く。日本流で言う2階席の上手端、オーケストラ
ピットはよく見えるが、舞台上手は見切れてしまうのはしかたない。
で、平土間を見下ろすと……何とも客の入りが悪い。日曜日だという
のに、ようやく半分くらいという感じなのである。

2日後『魔笛』が完売だったので、なぜなのか旅行者には理由がよく
わからない。ちなみにゼンパーオパーの年間チケット売り上げ率は、
常に90%を超えている優良歌劇場ということは書き記しておこう。

というところで指揮者登場。
                            [続く]

《オペラのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック