惜話§夏季休暇~イタリア料理店にて~

[承前]

この日、昼食はスタンド売りのホットドッグを買い、瓶ビールで流し
込んだ。夜はドレスデン在住の人と会食することになっていたので、
腹を減らしておかねばならいからである。

18時に、数年前に一緒に食事をしたホテル近くのイタリア料理屋で待
ち合わせた。東京では一昨年会っているので2年ぶりのこと。前回は
3人だったが今回は4人になった……結婚したのである。実にめでた
いというわけで、勝手にお祝いの会にさせてもらったのだ。

かの国で賑やかに会食するのだったらイタリア料理がカジュアルで手
頃だというのは何度かの経験による知識だが、テーブルの上にある料
理を手軽にシェアできるのは、食べたい人はたくさん食べられるし、
食の細い人はそれなりに食べられる気安さが大きな理由でもある。

18時から始まった会は、途切れることのない会話が一番の肴となって
酒も進んでくれた。発泡ワインに始まり、赤ワイン、最後のグラッパ
まで。楽しい酒は翌日まで残ることはない。

一つだけ残念だったのは、前回注文したサルティンボッカの肉が固め
だったこと。確かもう少し柔らかく調理されていたと思ったのだが。
普通は仔牛肉なのだけれど、どうもそんな感じではなかった。

かくして3時間、日本語、ドイツ語、英語が脈絡なく飛び交った会は
終了。とどこおりなく新婚のカップルを祝福できたと思いたい。
                            [続く]

《ドイツのトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック