末話§お仕事絡みの忘年会

というわけで、水曜日夜は会社の人を慰労すべく“忘年会”をした。

あいにくの雨模様を神田小川町の居酒屋まで。お相手は下戸ながら、
ウーロン茶で付き合ってくれるのはありがたい。もちろん、こちらは
生ビールから日本酒へと移りつつ刺身盛り合わせ、サラダに始まり、
彩りも賑やかなテーブル之圖だったのである。

この店は、カウンターが禁煙席になっているのもありがたいことで、
気がつくとと、喫煙席になっているテーブルでも煙草を喫っている人
があまり見受けられたかったのだ。店も禁煙席の比率をもう少し上げ
てもいいと思うのだが。

ヱビスの生をグビリと成仏させた後は島根の“李白”を二合半ほど。
以前から好みの酒なのだが、錫製とっくりで出てきた李白は、キリリ
といい塩梅に冷えていてよろしい。

ところで、刺身盛り合わせの中に“クエ”が入っていた。ちょっと、
ヒラメに似た白身だが、ヒラメよりは歯応えがあってうまい。冬の九
州はクエなんだということを、今さらながら思い知った次第である。

今にも雪が降ってきそうな師走の夜、今週行われる“忘年会”は、3
回ともに複数の人達と語らう会なのだ。

《居酒屋のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック