悼話§小林カツ代さん(料理家)

先週以来、訃報が重なってしまった。今日も追悼のエントリーを書か
なければならない。料理研究家の小林カツ代が亡くなった。

“簡単ではあるが手抜きではない料理を”というモットーのもとで、
テレビや料理本でわかりやすい料理を我々に提起してきたのである。

印象的だと思ったのは、ほうれん草の茹で方で“葉っぱのほうを先に
入れて、しんなりしたら引っくり返して茎を入れて柔らかくなるまで
茹でる”というもので、そんなちょっとした工夫をハスキーな声でシ
ャキシャキと語る様が何というか新鮮だったのだ。

彼女が病に倒れた数年後、息子で料理家のケンタロウがバイク事故を
起こして全身不随になり、彼女はそのことを知らされないままに死を
迎えてしまった。

合掌

《追悼のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック