気話§雀始巣~七十二候~春分

春分の初候“雀始巣(すずめはじめてすくう)”である。

春分の前日、木曜日は寒かった。気温が2ケタに届かず、いつもなが
らゲリラ的に冬の抵抗が続いているようだ。

ここのところ、気がつくと6時前にはずいぶんと明るくなっていて、
6時半ばくらいに起きて“勉強部屋”でパソコンを立ち上げるのに、
部屋の照明を点していたのが嘘のようである。

今日の日の出は5時45分、日の入は17時53分……18時頃まで明るくあ
ってほしいなあという冬の頃の願望が、ようやく視野に入ってきた。

とはいえ、桜の開花はおろか、沈丁花に辛夷並木の開花も遅れている
東京都下三多摩南部の今である。

《七十二候のトピックス一覧》

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック